イモトのwifiの予約方法【色々なパターンがある】

wifiの受け取り方とは

婦人

空港でも予約可能

イモトのwifiなら、空港でも予約を受け付けています!申し込みの期限は、空港によって異なるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。成田や羽田なら出発の1日前で17時前までに、関空や中部国際なら2日前の17時前までに済ませておきましょう。

宅配で受け取れる

イモトのwifiを宅配サービスで受け取るつもりなら、地域によって申し込み期限が異なることを頭に入れていただきたいです。都道府県によって、申し込み期限が2日前、3・4日前と異なってくるので、居住地域はどうなっているのか要チェックしておきましょう。

申し込みなら早めが得策!

イモトのwifiを申し込みするつもりなら、出来るだけ早めに済ませるのがおすすめです。早めに済ませておけば、安心できるのは勿論、早ければその分割引されるので、予算の節約につながりますよ。

返却方法も選べる!

イモトのwifiは、返却も色んな方法があります。成田などの空港で専用カウンターで返却が出来れば、宅配あるいは本社に訪れて返却することも可能。スケジュールの都合に合わせて返却できますが、レンタル期間内に返却できなければ、延滞料として2,000円程徴収されるので注意しましょう。

領収書メールが届く

取扱会社から、返却の確認が出来れば、レンタル期間や料金帯等が記載されたメールが送られてきます。資源節約や環境保護のために、紙媒体ではなく電子メールにて、返却が確認された旨を報告してくれるのです。ちなみに、空港での返却でクレジット決済を利用した場合は、その場で領収書を発行してくれます。

トラブル発生した時は

万が一、wifiでトラブルが発生したら、まず機種ごとの説明書に記載されているトラブルシューティングを実践するところから始めましょう。それでも、解決に至らなかった場合は、スマホかホテルの電話でお問い合わせをして、対応してもらうのが得策です。

イモトのwifi使用方法を伝授

中身チェックは忘れずに

イモトのwifiレンタルセットを受け取ったら、まず中身をチェックしましょう。特に、マルチプラグは重要で、世界の国々によっては日本と違う形状のコンセントをしているのと、設定電圧が異なるので必ずチェックしてください。

定額サービス対象外にしないために

次に、スマホのデータローミングをオフ状態にしておきましょう。スマホの設定画面を開き、モバイルデータ通信をオフにしておくだけです。これをやっておかなければ、その他の地域でwifiを使ったと見なし、高額な料金が請求される恐れがあるので、注意してください。

スマートにwifiを活用するには

到着後、すぐにwifiを利用したい場合、あらかじめ手荷物の中に入れておいた方が良いです。成田などの空港では、手荷物の中に入れておける代物なので、到着したらすぐに起動させられるので後々便利ですよ。

スイッチを起動させる

目的地に到着したら、まずルーター機器サイドにあるスイッチを5秒程長押ししてください。5秒押せば、ルーターが起動するので、スマホやタブレットの設定画面を表示させ、ルーターに張ってあるIDとパスワードを入力すればOKです。

充電を長持ちさせる

イモトのwifは、電池式なので長く起動させ続けると電池切れを起こす恐れがあります。いざという時に使えなくなる状況下に陥らないために、使う時だけスイッチを入れる癖を身につけておきましょう。ちなみに、IDやパスワードはスマホやタブレットは記憶済みなのでいちいち入力しなくて大丈夫です。